DIY中級者のレベルを知りたい人必見

中級者におすすめDIY

それでは中級者におすすめのDIYについてご紹介します。

 

初心者は複雑な工程や難しい構造などを考えずに、極力少ない材料、道具で作り上げるのが良いです。これは初心者にとって挫折しないためのポイントでしたが、こればかりを続けていでもDIYの技術力は成長しません。

 

そのためにはあえて難しい構造や工程の多いDIYに挑戦してみる必要があるのです。

 

 

難しい構造や工程の多いDIYに挑戦してみる

DIY中級者となるポイントは、道具を多く使うことと、材料や部品などの知識を高め、それらを適切に組み合わせることができるようになることです。

 

中級者になれば、ある程度多くの道具を使ってちょっと複雑な構造や工程にチャレンジできるようになります。

 

木材を切るのにも、今までノコギリで切って、切り口がいびつになっていたのが、丸ノコなど電動ノコギリを使えるようになり、スムーズに切れるようになります。また、そういったカットした木材にヤスリなどをかけて切り口を滑らかにするような工夫もできてくるでしょう。

 

細部にそういった工夫がなされたDIY工作物は仕上がりがよくなるばかりか、手に持ったときにささくれがささるようなリスクも減らすことができるのでとても重要です。

 

 

 

中級レベルは使う道具の種類も豊富

また中級レベルになってくると使う道具の種類も豊富なります。

 

インパクトドライバー

ネジうちのときにプロ仕様のインパクトドライバーを使うなど、作業の効率化を考えることもできるようになり、DIYに広がりが出てきます。

 

インパクトドライバーなどは、初心者が扱うとネジ頭をダメにしてしまったり、うまく打ち込むことができないのが特徴です。またL字金具など木材に補強材を入れて家具自体の強度を上げるような工夫もできるようになるのが中級者です。

 

材料選びもホームセンターなどに行って、板にはどんな種類があるか、木材にはどんな種類があるかなどをある程度把握しているので、より素材と使用用途が適切なものづくりが可能になってきます。

 

 

 

大体上述のようなことができればDIY中級者ということができます。
初心者のみなさんもはやくこのレベルに達するといいですね。