これからDIYをはじめようと思っている人必見

初心者におすすめDIY

初心者にとってDIYに使う材料や道具などは、名前を覚えるだけでもけっこう大変なはずです。

 

初心者がDIYにのぞむにあたって注意しなければならないことは、
難しい工作物をつくろうとしないことです。

 

椅子を作るにしても、机やちゃぶだい、棚を作るにしても、複雑な構造や多くの種類の材料を使ってトライしようとするとまず挫折します。

 

DIYで家具や工作物を作るとなると、のこぎりやドリル、ハンマーなどを使って、木材やL字金具など多くのものを扱うことになります。特に木材と金具を組み合わせるという発想は素人には難しく、取り組むべき工程が多いため、作り出すまでに嫌になってしまうなんていうこともあります。

 

 

 

 

初心者は「少ない材料で作れるDIYからはじめること」

初心者がまず最初に取り組むべきDIYとは、少ない材料で作ることができるDIYです。

 

スノコの棚

例えばスノコだけを使って椅子や机をつくるマニュアルなども公開されています。スノコを一枚買ってきて、それをスクウェア状にのこぎりで切ります。4枚ほどの正方形にスノコを整えてボンドで貼りつけて、釘で補強するだけで簡単なDIYが完成します。

 

作業工程が少ないことと、使用する道具も限られているので、最後まで完成させられるというメリットがあります。

 

 

まずは材料などは100円ショップで探そう

また、ホームセンターなどに行って、いきなりさまざまな種類の木材や板などを見るとどれにしていいのか、どの材料を使えばいいのか迷ってしまうものです。

 

そういう人は、コストも少なくて済む100円ショップでDIYの材料を探すといいでしょう。

 

ホームセンターほど種類も多くないし、サイズも小さいものばかりですが、
購入のハードルが低くなるというメリットがあります。

 

100円ショップで購入した板や木材で簡単な収納ラックやマガジンラックなどを作っているユーザーもいます。そして100円ショップは素材だけでなく、ドライバーやノコギリ、ネジや釘、その他さまざまなDIY用具がそろっているのも注目ポイントです。

 

また、DIY女子は100円ショップのものを活用してDIYを行っていることが多いようです。