お風呂場にDIYを取り入れると入浴タイムが待ち遠しくなります。

お風呂のDIY

お風呂のDIY

 

DIYのやりがいがある場所として、実はお風呂があるのです。
リビングやキッチンのDIYは多くの人が行っていますが、お風呂はあまり話題にされませんね。

 

これは単純に認識の盲点であり、気付いていないだけなのです!
頭のどこかでDIYはリビングやキッチンに作るものと思い込んでいるだけです。
お風呂場を快適にすれば日常の快適さが大きく変わるでしょう。

 

お風呂のDIYを具体的に紹介して行くので、自宅で取り入れられるものが無いか見てみてください。

 

壁面

お風呂場の壁はシンプルで味気ないことが多いですよね?
そこで取り入れたいのが実用面、あるいは視覚的な楽しさを追求したDIYです。

 

例えば、シャンプーや石鹸を置く棚をDIYで作ると実用性が上がります。
すっきりと収納させられればお風呂場のスペースを広く活用出来るようになるでしょう。
壁にカゴを取り付けたり、フックで吊るすようにしたりするのもありですね。

 

視覚的な点で言えば、レンガ模様の壁紙を貼るのも1つのDIYです。
防水性のある壁紙を利用すれば、お風呂場が一瞬でおしゃれ空間になります。
アイディア次第では異国情緒のある素敵なお風呂場になるでしょう。
アロマを炊いたり音楽を流したりすれば極楽気分でお風呂を楽しめます!

 

入り口

大抵のお風呂場の入り口は曇りガラスになっていますよね?
入り口にシールを貼ったり模様を描いたりすれば、オリジナルのお風呂場が完成します。

 

和風に行くなら温泉マークを描いて見たり、ハワイをイメージしてヤシの木を描いてみるのも良いでしょう。
1色だけで描けばシンプルながらにおしゃれですし、シールを切り抜いて貼るのもありです。

 

お風呂の雰囲気に合わせてDIYしてみてはいかがでしょうか?

 

バスタブ付近

バスタブの周りに棚を作り、飲み物を置いておけるようにすると雰囲気が変わります。
さらに、タブレット端末を置けるようにすれば、映画を見ながら優雅にお酒を飲むような空間に早変わりです!

 

長風呂をしない人でも、ついついゆっくりとしたくなるのではないでしょうか?
半身浴で血流改善を行えば肩こりや慢性疲労が緩和されるかもしれません。

 

バスタブ付近のDIYで娯楽を追求するのも楽しいですね。

 

バスタブ

大がかりになりますが、バスタブそのものをDIYで作り変える手段もあります。
白いユニットバスを和風のヒノキ風呂にすれば、一流旅館のような空間になるでしょう。

 

夢は広がりますが、少し難易度が高いので注意してください。
排水管などの関係もあるのでくれぐれも壊さないようにしましょう。
バスタブそのものをDIYする時は、自分の実力とじっくり相談してからにすると良いです。